経審 結果通知書の見かた 数字が何を意味しているのか?

経審の結果通知書は小さな文字で色々と書かれていて、それぞれの数字が何を意味するのか?よく分からない、というご意見をうかがいます。一体どのようなことが読み取れるのか?その概要を解説します。

P点 総合評定値

いわゆる経審の点数であり、発注者が評価に使用します。
P点はX1点、X2点、Y点、Z点、W点が合わさった点数ですが、単純な足し算や平均値ではなく、次のような配分で合計されています。
   P=0.25X1+0.15X2+0.2Y+0.25Z+0.15W

X1点 経営規模

完成工事高の規模を評価する項目で、金額が大きいほど高く評価されます。
経審を受ける業種ごとに元請完成工事高と下請完成工事高の合計額で評価します。
完成工事高は単年度ではなく、直近2年間または3年間のどちらかの平均値を選択することができます。

X2点 経営規模

自己資本額と利益額を評価する項目で、金額がプラスに大きいほど高く評価されます。
自己資本額は、貸借対象表の自己資本額です。
利益額は損益計算書の営業利益額と減価償却額を合計した金額です。
自己資本額は単年度または2年平均のどちらかを選択できますが、利益額は2年平均のみです。

Y点 経営状況

経営状況(決算書の内容)を評価する項目です。
規模の大きさよりも、身軽さ(倒産のリスクが低い)を高く評価します。
純支払利息比率(売上に対する利息負担額の割合)、負債回転期間(負債の合計額が売上げの何か月分か)ほか全部で8項目があります。

Z点 技術力

技術力を評価する項目です。
有資格者が多いこと、元請工事高が大きいことを高く評価します。
資格は監理技術者(6点)から実務経験者(1点)まで、ひとりひとり配点が異なります。
経審を受ける業種ごとに技術職員数(Z1)と元請完成工事高(Z2)を集計します。

W点 社会性等

社会性等を評価する項目です。
法令違反があれば減点され、国が求める施策への積極的な取り組みには加点をします。
近年の施策のテーマは、技術者・技能者の確保や育成、災害時の対応、環境への配慮などです。
取り組む項目ごと(やればやるほど)加点がされていきます。

この記事を書いた人

Avatar photo

塩﨑 宏晃

2003年行政書士登録。
建設業許可・経営審査業務の実務経験19年。
行政書士業務を通じて現場で働く方の縁の下の力持ちとなることがモットーです。
近年は建設キャリアアップシステム、特定技能ビザにも取り組んでいます。
お客様は一人親方、サブコン、地方ゼネコン、上場メーカーなど様々。
毎年200社以上のお客様と直接お会いし、ご相談を承っています。
2023年から申請のオンライン化が本格スタートしますので、
これを機に遠方のお客様ともご縁を頂ければと考えております。