定期的な検証で何が得られるのか?

Question

定期的な検証で何が得られるのでしょうか?

Answer!

取り組むべきこと、見送ること、などの経営判断のサポートが可能になります。

御社の目標に沿った報告書を作成し、数字的な結果と目標とのギャップ、次回に向けて取り組む項目を弊所との間で共有させていただきます。そのほか経審に関するルール改正や建設業法等の関係法令に関する改正点についてもタイムリーに把握し、取り組むべきこと、見送ること、などの経営判断のサポートをさせていただきます。

この記事を書いた人

Avatar photo

塩﨑 宏晃

2003年行政書士登録。
建設業許可・経営審査業務の実務経験19年。
行政書士業務を通じて現場で働く方の縁の下の力持ちとなることがモットーです。
近年は建設キャリアアップシステム、特定技能ビザにも取り組んでいます。
お客様は一人親方、サブコン、地方ゼネコン、上場メーカーなど様々。
毎年200社以上のお客様と直接お会いし、ご相談を承っています。
2023年から申請のオンライン化が本格スタートしますので、
これを機に遠方のお客様ともご縁を頂ければと考えております。