土木一式工事はどんな資格があれば取れるのか

建築一式と並んで総合的な企画・調整を要するのが土木一式工事です。

土木系の工事業者様にとっては取得のニーズが高い業種です。
しかし実務経験を証明するには、道路・水路・下水道の築造工事など
元請の公共工事にほぼ限られているため、下請け工事で開業した方は
自社で実務経験を証明できる可能性はかなり低いと思います。

そこでどんな国家資格があれば土木一式工事の許可が取れるのかを、
今回はみていきます。

・1級建設機械施工技士
・2級建設機械施工技士(第1種~第6種)
・1級土木施工管理技士
・2級土木施工管理技士(土木)
・技術士(建設・農業土木・水産土木・森林土木 ※一部省略)

以上の資格になります。
資格の種類は限られていますが、土木系の国家資格のなかでも、
建設機械施工技士は比較的チャレンジし易い資格であると伺います。

経営者および幹部の方には是非とも取っておいて頂きたい資格です。

この記事を書いた人

Avatar photo

塩﨑 宏晃

2003年行政書士登録。
建設業許可・経営審査業務の実務経験19年。
行政書士業務を通じて現場で働く方の縁の下の力持ちとなることがモットーです。
近年は建設キャリアアップシステム、特定技能ビザにも取り組んでいます。
お客様は一人親方、サブコン、地方ゼネコン、上場メーカーなど様々。
毎年200社以上のお客様と直接お会いし、ご相談を承っています。
2023年から申請のオンライン化が本格スタートしますので、
これを機に遠方のお客様ともご縁を頂ければと考えております。