特定技能1号の在留資格で日本で働く外国人の統計

特定技能1号の制度がスタートしておおよそ1年半が過ぎました。

ここで出入国在留管理庁が公表している統計資料のご紹介をします。

令和2年6月末現在の数値になっています。

総数

5,960名

産業分野別

1.飲食料品製造業 2,094名(35.2%)

2.農業                     930名(15.6%)

3.外食業      607名(10.2%)

4.産業機械製造業  561名(9.4%)

5.素形材産業    537名(9.0%)

6.建設業      374名(6.3%)

7.電気・電子情報関連工業

          268名(4.5%)

8.その他      579名(9.7%)

国籍・地域別

1.ベトナム   3,500名(58.8%)

2.中国      597名(10.0%)

3.インドネシア  558名(9.4%)

4.フィリピン   369名(6.2%)

5.ミャンマー   291名(4.9%)

6.カンボジア   243名(4.1%)

7.タイ      177名(3.0%)

8.ネパール     49名(0.8%)

9.その他     166名(2.8%)

建設分野における職種別

1.建設機械施工   116名

2.鉄筋施工       86名

3.型枠施工       56名

4.左官         42名

5.内装仕上げ      35名

6.コンクリート圧送   23名

7.建築大工         5名

8.表装         5名

9.とび         3名

10.屋根ふき       3名

トンネル推進工    0名

土工         0名

電気通信       0名

鉄筋接手       0名

配管         0名

建築板金       0名

保温保冷       0名

吹付ウレタン断熱   0名

海洋土木工      0名

総数については、当初の予想と一桁違う規模感です。

国籍別については、ベトナムの割合が予想以上に多い印象です。

建設分野の職種別については、実績すら無い職種がみられます。

試験の仕組みなど制度自体がまだ整備されていない状況では

ないかと思います。

この記事を書いた人

Avatar photo

塩﨑 宏晃

2003年行政書士登録。
建設業許可・経営審査業務の実務経験19年。
行政書士業務を通じて現場で働く方の縁の下の力持ちとなることがモットーです。
近年は建設キャリアアップシステム、特定技能ビザにも取り組んでいます。
お客様は一人親方、サブコン、地方ゼネコン、上場メーカーなど様々。
毎年200社以上のお客様と直接お会いし、ご相談を承っています。
2023年から申請のオンライン化が本格スタートしますので、
これを機に遠方のお客様ともご縁を頂ければと考えております。