経営審査における契約書や請求書のチェック項目

経営審査においては、審査員が工事経歴書に記載した請負工事実績が正しく計上されているかどうかのチェックをします。具体的にはどのようなチェックをしているかを押さえておきましょう。

1.契約書または注文書・請書のセットが原則ですが、契約書等が用意できない時は、請求書や支払明細書と総勘定元帳の完成工事高をセットで提示します。このふたつの資料だけでは工事内容が明確にならない場合には、さらに完成工事高の補助元帳(売り上げ管理表)などを合わせて用意しておきます。

2.維持管理などの業務委託契約により発生した工事を請負工事実績として記載する場合には、契約書に加えて、単価表、設計書、仕様書なども併せて用意します。この時に兼業売り上げ部分(除草、清掃等)を完成工事高から除くことを忘れないようにしましょう。

3.特定建設工事共同企業体(JV)による請負工事については、全体の請負金額とJV構成員の出資比率が分かる契約書等を用意します。

いずれにしても、工事経歴書の完成にいたる過程が分かる資料(途中で計算した表など)を説明資料として用意しておくことが、審査の場でスムーズに対応するコツです。

この記事を書いた人

Avatar photo

塩﨑 宏晃

2003年行政書士登録。
建設業許可・経営審査業務の実務経験19年。
行政書士業務を通じて現場で働く方の縁の下の力持ちとなることがモットーです。
近年は建設キャリアアップシステム、特定技能ビザにも取り組んでいます。
お客様は一人親方、サブコン、地方ゼネコン、上場メーカーなど様々。
毎年200社以上のお客様と直接お会いし、ご相談を承っています。
2023年から申請のオンライン化が本格スタートしますので、
これを機に遠方のお客様ともご縁を頂ければと考えております。