完成工事高を作成する際は評点テーブルをチェックする

経審において、完成工事高は2期平均または3期平均のどちらかを選択できる、というルールは皆さんご存じのことです。その時どちらか一方で選択の余地がない、という状況でしたら悩む必要はありません。

ただ評点を気にする業種が複数あった場合に、こっちが立てば、あちらが立たず、という状況になることがよくあります。例えば、土木工事と管工事の評点を検討している際、土木は2期平均がベスト、管は3期平均がベスト、という具合です。

当然、シミュレーションの評点と格付け基準の総合数値とのギャップを検討した上でどちらかを選択して行く訳ですが、ひとつ頭に入れておきたい点があります。

それは、完成工事高の評点の計算式は一律ではなく、テーブルが存在しているということです。
その一部を抜粋します。

完成工事高 8,000万円以上1億円未満   22×(年間平均完成工事高)÷20,000+601

      →(例)完成工事高が9,800万円の時 22×98,000千円÷20,000+601=708
評点は708

      →(例)完成工事高が9,900万円の時 22×99,000千円÷20,000+601=709
評点は709

完成工事高 1億円以上1億2,000万円未満 19×(年間平均完成工事高)÷20,000+616

→(例)完成工事高が1億円の時 19×100,000千円÷20,000+616=711
評点は711

完成工事高 9,800万円 708点
            ↓その差1点
完成工事高 9,900万円 709点
            ↓その差2点
完成工事高 1億円   711点

テーブルが一段階変わると計算式が変わることにより、同じ100万円ずつの差であっても結果通知の点数は更に開くという結果になるのです。
完成工事高を作成していく際には、この仕組みがあることを前提に置いておきましょう。



この記事を書いた人

Avatar photo

塩﨑 宏晃

2003年行政書士登録。
建設業許可・経営審査業務の実務経験19年。
行政書士業務を通じて現場で働く方の縁の下の力持ちとなることがモットーです。
近年は建設キャリアアップシステム、特定技能ビザにも取り組んでいます。
お客様は一人親方、サブコン、地方ゼネコン、上場メーカーなど様々。
毎年200社以上のお客様と直接お会いし、ご相談を承っています。
2023年から申請のオンライン化が本格スタートしますので、
これを機に遠方のお客様ともご縁を頂ければと考えております。