期末の銀行借り入れは経審のY点とP点に影響が出ます

決算日前ぎりぎりになって、取引先銀行の担当者から「短期借り入れをして欲しい」と要請され、ある社長様は断り切れずに契約をされました。

決算日前に金融機関からの借り入れが増えると、負債回転期間の指標が悪化して、Y点が下がり、結果、P点が下がります。

実際に現金を確保する必要があるのであれば借り入れは当然に必要ですが、もしお付き合いという意味であれば、経審に影響を及ぼす内容との比較をして頂きたいと思います。

借入の契約前に経審のシミュレーションが必要です。

この記事を書いた人

Avatar photo

塩﨑 宏晃

2003年行政書士登録。
建設業許可・経営審査業務の実務経験19年。
行政書士業務を通じて現場で働く方の縁の下の力持ちとなることがモットーです。
近年は建設キャリアアップシステム、特定技能ビザにも取り組んでいます。
お客様は一人親方、サブコン、地方ゼネコン、上場メーカーなど様々。
毎年200社以上のお客様と直接お会いし、ご相談を承っています。
2023年から申請のオンライン化が本格スタートしますので、
これを機に遠方のお客様ともご縁を頂ければと考えております。